生理前(生理直前)の不正出血について


不正出血の全て

sponsored link


生理前(生理直前)の不正出血

生理前(生理直前)の不正出血というのは、本来生理が始まる数日前に少量の出血があり、

「あれ? 今月はちょっと早いかな?」

と思ったら、その出血はすぐに治まり、その後生理が始まる症状の事で、

月経前出血 _φ(・・ )b

と呼ばれています。

生理が始まる10日以上前に、少量の不正出血がある場合は、排卵の影響で出血が起きる中間期出血≠フ可能性もありますが、生理が始まる直前に起きる不正出血は、排卵の影響で起きているわけではありません。

月経前出血が起こる原因は、ホルモンバランスの乱れで、厚くなった子宮内膜がはがれ落ちて、一時的に出血する現象です。

また、この月経前出血が起きた状態で、そのまま本来の生理が始まる場合もありますので、そのまま月経前出血だとは気づかない方もいらっしゃいます。

月経前出血は、一時的なホルモンバランスの崩れが原因ですので、それ自体が病気≠セというわけではありません。

しかし月経前出血が起こるという事は、疲れやストレスが溜まっており、

体調がよくないというサイン

でもありますので、整理前に不正出血がしばしば起きるようであれば、体調管理に気をつけ、出来れば一度病院にいって診察を受けた方がいいでしょう。

sponsored link



サイトご利用についての注意事項

当サイトは不正出血について自身の体験や書籍・ネットの情報、医師からの助言などを元にまとめたものです。

内容については出来る限り正確になるように心がけていますが専門の医師ではありませんので、誤った情報もあるかもしれません。

ですので当サイトの情報はあくまでも参考程度に留め、実際の診断や治療についてはしかるべき病院を受診し、医師の診断を受けるようお願いいたします。

当サイトの情報が元で生じたトラブルの責任は一切負えませんので、ご了承下さい。


排卵日を計算して危険日を予測



Copyright (C) 2009 不正出血の全て All Rights Reserved.