ピルと不正出血


不正出血の全て

sponsored link


ピルと不正出血

ピルと不正出血には関係があります。

女性が避妊の為に服用するのがピル(pill)≠ナすが、1998年に日本でも、低用量ピルが認可され、ピルを服用する方が増えてきました。

この低用量ピルは、単に避妊目的だけではなく、生理周期の変更や生理の症状が重すぎる月経困難症≠フ症状緩和などの目的でも使用されています。

低用量ピルの成分は、

卵胞ホルモンと黄体ホルモン

というホルモンの一種で、排卵を抑制する効果を持っています。

ピルの効能を簡単に説明すると、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを取り入れる事で、

「私、妊娠してるの (*´ω`)b」

という状態≠作り出し、排卵が起きないようにしているわけです。

人工的に妊娠した状態≠作り出すわけですから、当然副作用もあります。

その中で、よく言われるのが

生理の出血が止まらない (´д`;)

という症状です。

日本で使用されている低用量ピルは、生理周期に合わせて3段階に薬をわけた三相性≠ニいわれるタイプのピルがおおいのですが、三相性の低用量ピルの場合、飲みだした頃に不正出血をする場合があります。

これは生理によって出血を起こそうとする身体本来の機能と、出血を止めようとするピルの効果が釣り合って≠オまって、結果的に不正出血が続いてしまうわけです。

このピルの副作用による不正出血は、ピルの服用が次の段階に進むうちに止まりますので、心配する必要はありませんが、ピルの服用が次の段階に進んでも、不正出血が止まらないようであれば、診察を受けた方がいいでしょう。

sponsored link



サイトご利用についての注意事項

当サイトは不正出血について自身の体験や書籍・ネットの情報、医師からの助言などを元にまとめたものです。

内容については出来る限り正確になるように心がけていますが専門の医師ではありませんので、誤った情報もあるかもしれません。

ですので当サイトの情報はあくまでも参考程度に留め、実際の診断や治療についてはしかるべき病院を受診し、医師の診断を受けるようお願いいたします。

当サイトの情報が元で生じたトラブルの責任は一切負えませんので、ご了承下さい。


排卵日を計算して危険日を予測



Copyright (C) 2009 不正出血の全て All Rights Reserved.