妊娠初期の不正出血について


不正出血の全て

sponsored link


妊娠初期の不正出血


PMS(月経前症候群)とは? 妊娠初期の不正出血には、

・適切な処置が必要なもの と
・心配の要らないもの

があります。


心配の要らないもの

まず、心配の要らない#D娠初期の不正出血というのは、

受精卵が子宮内に着床する時に、子宮内膜の一部が破れて起きる着床出血≠ニ、
胎盤が形づくられていく過程で起きる絨毛(じゅうもう)性出血≠ニ呼ばれる出血です。

この着床出血≠ニ絨毛性出血≠ヘ、一般的に生理と同じくらいの出血量が、生理とおなじくらいの期間続きますので、

生理と勘違いして、妊娠だと気づかない ( ̄▽ ̄;)

ことも珍しくありませんので、妊娠初期の不正出血≠ノは分類されないかもしれません。


適切な処置が必要なもの

一方、妊娠初期の不正出血で適切な処置が必要なのものは、

切迫流産 _φ(- -; )b

による不正出血でしょう。

切迫流産とは、流産の危険がある状態≠ナ、様々な原因で胎児が流産する可能性のある時に、腹痛や不正出血が起こる事です。

ですから、基本的には流産を回避する為の医療的な処置が必要ですので、

妊娠初期に不正出血が起きた場合、24時間いつでも、速やかに病院へ行って診察を受ける d( ・`д・´)

という事が大切でしょう。

ただ、妊娠初期に不正出血が起きたといっても、それが必ず切迫流産だというわけではなく、絨毛性出血≠ェ切迫流産だと勘違いされるケースもあります。

とはいえ、

間違いなら、それはラッキー ( ´∀`)b

で、万が一切迫流産だった場合、取り返しのつかない事にもなりかねませんので、妊娠の初期は、自分の体調に十分に気をつけましょう。

sponsored link



サイトご利用についての注意事項

当サイトは不正出血について自身の体験や書籍・ネットの情報、医師からの助言などを元にまとめたものです。

内容については出来る限り正確になるように心がけていますが専門の医師ではありませんので、誤った情報もあるかもしれません。

ですので当サイトの情報はあくまでも参考程度に留め、実際の診断や治療についてはしかるべき病院を受診し、医師の診断を受けるようお願いいたします。

当サイトの情報が元で生じたトラブルの責任は一切負えませんので、ご了承下さい。


排卵日を計算して危険日を予測



Copyright (C) 2009 不正出血の全て All Rights Reserved.