更年期障害と不正出血について


不正出血の全て

sponsored link


更年期障害と不正出血

更年期障害と不正出血とは無関係ではありません。

むしろ更年期障害が不正出血の原因となっているケースも珍しくはないのです。

一般的に更年期≠ニ言われるのは、閉経を前後とした数年間を指して言います。

閉経を迎える年齢は、45歳から55歳くらいだと言われていますが、これには相当な個人差があって、誰でも必ずこの時期に閉経を迎えるわけではありません。

ただ、30代をピークに卵巣の働きが衰えてくるのは事実で、女性は寿命を迎えるよりずっと早く、

妊娠と出産 ( ̄〜 ̄ )

という大役≠ゥら開放されるわけなのですが、卵巣の機能が衰えてきて、排卵が起こりにくくなると、脳は本能的に

まだ産める! (・へ・)9

と、排卵を促す性腺刺激ホルモンを大量させるわけです。

そうなると、体内のホルモンバランスが崩れて、結果的に自律神経が影響を受け、めまいや頭痛、あるいは情緒不安といった、

更年期障害 ┐( ̄Д ̄;)┌

と言われる諸症状が顕れてきます。

そんな更年期障害の症状のひとつに不正出血もあるのですが、閉経前に起きる不正出血は、これまで紹介してきたように、ホルモンのバランスが崩れた事による、不正出血である可能性が高いのですが、閉経後の不正出血は、単なるホルモンバランスの崩れだけでなく、

その他の婦人病の可能性 Σ(゚ロ゚;)

もありますので、注意しましょう。

sponsored link



サイトご利用についての注意事項

当サイトは不正出血について自身の体験や書籍・ネットの情報、医師からの助言などを元にまとめたものです。

内容については出来る限り正確になるように心がけていますが専門の医師ではありませんので、誤った情報もあるかもしれません。

ですので当サイトの情報はあくまでも参考程度に留め、実際の診断や治療についてはしかるべき病院を受診し、医師の診断を受けるようお願いいたします。

当サイトの情報が元で生じたトラブルの責任は一切負えませんので、ご了承下さい。


排卵日を計算して危険日を予測



Copyright (C) 2009 不正出血の全て All Rights Reserved.