婦人科での不正出血検査


不正出血の全て

sponsored link


婦人科での不正出血検査


PMS(月経前症候群)とは? 婦人科での不正出血検査は、不正出血の症状や、疑わしい病気によって様々な検査があります。

ですから、婦人科での不正出血検査は、最初は問診によって、患者さんの生理周期や排卵日を知るところから始まりますので、あらかじめ出血の期間や、基礎体温などを調べておくと、診察はスムーズに進むでしょう。

婦人科での不正出血検査は、外来で診察に訪れてから、すぐに出来るものから、短期間の入院が必要な検査がありますが、いくつか代表的な検査を紹介してみます。


超音波検査

妊娠の定期検査でお馴染みのエコー検査≠ナす。子宮や卵巣に異状がないかをチェックします。


生検(バイオプシー)検査

この検査は、子宮内の細胞を取って、顕微鏡で検査したり、感染症の疑いがある場合は、細菌培養検査などを行います。

細胞を取る Σ(゜o゜ノ)ノ

といっても、膣から綿棒などで粘膜をかき取るだけですから、特に入院の必要はありませんし、外来だけで受ける事のできる検査です。


子宮鏡&腹腔鏡検査

胃カメラの子宮版≠ナ、内視鏡を使って直接内部を検査する方法になります。

子宮鏡は外来でも検査は可能ですが、腹腔鏡の場合は、ヘソの下を少し切開して、そこから内視鏡をいれますので、簡単な手術をする事になり、短期の入院が必要になりますので、場合によってはその場で切除の必要な、ポリープがある疑い場合以外には行われません。


その他

他にもがん細胞の有無を調べるために、手術で子宮細胞の一部を切除≠オて行う子宮内そうは術≠竅A造影剤を子宮内と卵管内に注入して、レントゲン撮影を行う子宮卵管造影法≠ニいった検査がありますが、そうした大掛かりな不正出血検査を行う場合は、

明らかに何かの病気である疑いがある ( ̄〜 ̄:)

場合ですので、日頃小まめに定期検査を受けていれば、それほど大掛かりな検査を受ける必要はないでしょう。

sponsored link



サイトご利用についての注意事項

当サイトは不正出血について自身の体験や書籍・ネットの情報、医師からの助言などを元にまとめたものです。

内容については出来る限り正確になるように心がけていますが専門の医師ではありませんので、誤った情報もあるかもしれません。

ですので当サイトの情報はあくまでも参考程度に留め、実際の診断や治療についてはしかるべき病院を受診し、医師の診断を受けるようお願いいたします。

当サイトの情報が元で生じたトラブルの責任は一切負えませんので、ご了承下さい。


排卵日を計算して危険日を予測



Copyright (C) 2009 不正出血の全て All Rights Reserved.