婦人病と不正出血について


不正出血の全て

sponsored link


婦人病と不正出血


PMS(月経前症候群)とは? 婦人病と不正出血は密接な関係があります…

といっても不正出血そのものが、女性特有の症状なわけですが、婦人病の前兆が不正出血として顕れる事は珍しくないわけです。

婦人病で不正出血を起こす可能性のある病気は色々ありますが、主だったものを紹介しましょう。


子宮内膜症

本来なら、子宮内で形成される子宮内膜が、子宮以外の場所で形成され、それが大きく育ってしまう病気です。

不正出血と共に、症状が悪化すると、生理でもないのに生理痛のような痛みを感じ、日常生活に支障が出ます。

この子宮内膜症は、

「妊娠したら治った ヽ(´∀`)ノ」

という症例も珍しくありませんが、原因が特定できないために、必ず自然治癒する病気ではありません。

治療法も子宮内膜が出来る場所によって、投薬治療だけで治る場合と、外科手術が必要な場合があります。


卵管炎

女性器の中では、もっとも炎症を起こしやすいのが、卵管だと言われていますが、通常はいきなり卵管が炎症を起こす事は稀で、膣炎から子宮内膜炎へと進んで発症するようです。

卵管炎の症状は、当然不正出血が見られますが、それ以外にも高熱や吐き気、あるいは下腹部に激しい痛みなどを伴いますので、悩むことなく病院に行って診察を受けましょう。


子宮頸がん、子宮体がん、膣がん

不正出血を伴う婦人病で、一番周囲したいのは、子宮頸がん≠竍子宮体がん=Aあるいは膣がん≠ニいった、女性器に発症するがんです。

良性のポリープである事もありますが、がんの怖いところは、

痛みと伴う自覚症状が出にくい ┐( ̄Д ̄;)┌

という点で、気づいた時には相当症状が進んでいた、という場合が結構あります。

不正出血はそんながんを、比較的早期に発見できるサインですので、不正出血が起きた場合、自分で勝手に原因を決め付けるのではなく、ちゃんと診察を受けましょう。

sponsored link



サイトご利用についての注意事項

当サイトは不正出血について自身の体験や書籍・ネットの情報、医師からの助言などを元にまとめたものです。

内容については出来る限り正確になるように心がけていますが専門の医師ではありませんので、誤った情報もあるかもしれません。

ですので当サイトの情報はあくまでも参考程度に留め、実際の診断や治療についてはしかるべき病院を受診し、医師の診断を受けるようお願いいたします。

当サイトの情報が元で生じたトラブルの責任は一切負えませんので、ご了承下さい。


排卵日を計算して危険日を予測



Copyright (C) 2009 不正出血の全て All Rights Reserved.